前へ
次へ

工法によって耐震診断の対応が異なるケース

住宅を建てたり購入、さらに住み続けるかどうかは基本的にはそれぞれの人の自由です。
一部道路の拡張などを行うときに行政が立ち退きを要請するときもありますが、それ以外においては特に行政の方から積極的に不動産に口出しをすることは少ないでしょう。
ただ色々な取り組みもしてくれています。
日本では地震が多く起こり、非常に強い地震が発生すると家屋の倒壊などで多くの人の暮らしに影響を与えます。
建築基準法によって倒れにくい建物が建てられるようになっていますが、建物の中には耐震性能が足りないものもあり何とか地震が発生する前に対処してもらいたいと考えているようです。
耐震診断サービスがあり通常は数万円から数十万円を建物の保有者が支払って受ける必要があります。
ただ自治体によっては色々な補助をしてくれるところがあり、無料で耐震診断を受けられるところもあります。
ただすべての後方において無料になるわけではなく、元々耐震性の高いとされる工法だと無料にならないこともあるようです。

Page Top