前へ
次へ

窓ガラスとカーテンは何でもいいか

不動産の購入で住宅を選ぶとき、当然ながら立地や間取りの他設備などをチェックするでしょう。
注文住宅ならいろいろ自分好みに建てることができますが、安く購入するなら建売の方がいい時もあります。
基本的に建売住宅ではキッチンやトイレの設備はついていますが、カーテンや照明などはついていないことが多いです。
できるだけ地震に強い住宅にしたいとき、揺れにくい立地から探すのがいいでしょう。
その他耐震性能が高い建物を選ぶこともあります。
ただ元々揺れにくいとその分価値が高くなるので価格も高くなりがちです。
建物以外の工夫をすれば安く購入して安心して住めるかもしれません。
一戸建てを購入すると窓はついていますが、その窓が耐震性能が強いかどうかを確かめておきましょう。
また地震が来た時に割れにくいかどうかもポイントになります。
カーテンは遮光性だけでなく丈夫な布を使ったタイプを選びましょう。
窓が割れた時に丈夫な布でできていれば部屋に散らばるのを防いでくれます。

Page Top